家の中の掃除でついつい後回しにしがちなのが電子レンジの掃除ですよね。思った時にすぐ取れる汚れも、時間が経てば頑固な汚れになっていたり。

多少の汚れであれば「また後でふき取れば…」と思っていて臭いには気づかなかったりします。

ですが、ちょっとの汚れをずっと放っておくと、後々思いもよらぬ事を引き起こす原因ともなります。

それを防ぐためにも、今回は身近なもので電子レンジをあっという間に綺麗にする方法を紹介します。

もう遅いかも・・と思っている方もぜひ実践してみてください♪

電子レンジが汚れる原因

電子レンジ

汚れの主な原因は、チンする際に飛び散る油や食材です。

電子レンジの内部には、マグネトロンという部分からマイクロ波が発射され、食材にマイクロ波が当たると食材に含まれる成分が振動して、食材が加熱されます。

たとえば、カレーやシチュー、あんかけなど、粘度の高い食品を電子レンジで加熱する際にきちんとラップをかけていないと加熱中に食品が跳ねて庫内を汚す要因になります。

焦げ付いてしまう原因

先程、電子レンジが汚れる原因で述べましたが、焦げが付くほどの汚れとなるのは、その汚れが積み重なって固くなった汚れです。

食材を加熱すると食材から吹き出す水蒸気が溜まって水垢となります。

水垢には調味料などの色が含まれており、それに油が被っているので、焦げ付いた汚れの上にさらに油汚れが付いて取れにくい汚れとなります。

嫌な臭いの原因

飛び散った油が腐敗してくると、嫌な臭いを発するようになります。

レンジでチンする際に食べ物にラップをしてあげることで、臭いの原因である油がとび散りにくくなります。

焼き魚やニンニクの効いた料理、スパイスを使った料理を加熱した際には、ラップをしているしていない関係なく、数日間は電子レンジの庫内に移った臭いは取れません。

けれど先ほど述べた、加熱する際に飛び散ってしまう成分の汚れが積み重なり腐敗すると、臭いの原因となります。

両方まとめて綺麗にできるのが「重曹」

重曹

重曹とは?

重曹は別名「重炭酸ナトリウム」といい、見た目は白い粉です。

ふくらし粉やこんにゃくの凝固剤、医薬の成分として昔から重宝されてきました。

近年はナチュラルクリーニングの主役として世で知られていて、重曹を使った掃除方法を紹介する本が数多く出版されています。

ナチュラルクリーニングとは、化学薬品が入っている洗剤などを使わず、自然にある素材だけを使った掃除法のことです。

重曹は100均で簡単に手に入るので愛用している方も多いです。

重曹の性質や使う上でのコツを掴むと、今まで知らなかった良さを最大限に活かせれると思いますので、是非その能力をチェックして使ってみましょう。

重曹が油汚れに効く理由

重曹はアルカリ性です。

アルカリ性は、油と混ざると一種の石鹸に変化する性質があるため、油汚れのような酸性の汚れにとても効果があります。

また、重曹が溶けたアルカリ性の水をレンジで加熱すると、「炭酸ソーダ」という強アルカリ性の水に変化します。

加熱中に発生する炭酸ガスの泡が、汚れを浮かせて剥がしやすくしたり、炭酸ソーダのアルカリによっても汚れを溶かしてくれます。

重曹は温度が低い水にはなかなか溶けにくい性質もあり、スポンジ等につけて器物などを磨いて重曹の粒を生かした研磨剤としても活用して、汚れを剥ぎ落とす効果があります。

重曹には消臭効果もアリ

重曹はアルカリ性なので、酸性である皮脂汚れや汗の臭い等と中和して、優れた消臭効果が期待できます。

キッチンの汚れや臭いだけでなく、例えば衣類や靴、カーペットやバックなどの取れにくい臭いにも消臭効果が発揮されるのです。

実際にやってみましょう

重曹

用意するものは4つです

  • 水を入れる容器
  • 重曹
  • キッチンペーパー(もしくは、要らなくなった布巾)

手順1:電子レンジで加熱

電子レンジ

まず、電子レンジで加熱して大丈夫な容器を準備します。

容器に水を3分の1と重曹を大さじ2〜3倍程度入れて、電子レンジ600Wで3〜4分程度加熱します。

手順2:15分ほど放置〜扉の水蒸気を拭き取り

加熱した後はすぐに開けずに15分ほど放置して蒸らします。

15分ほど経ったら、扉についている水蒸気をキッチンペーパーで拭き取ります。

布巾だとかなり汚れが付くこともありますので、油汚れに匹敵のキッチンペーパーを利用するとよいです。

手順3:レンジ内部を拭き取り

庫内全体を拭き取ります。少しこびりついた汚れは、容器に加熱した重曹をキッチンペーパーに少し浸して擦ると取れやすいです。

手順4:水分をしっかり拭き取る

電子レンジ
最後に乾いた布巾またはキッチンペーパーで、しっかりと水分を拭き取ることでカビの対策ができます。

電子レンジの掃除頻度の目安

一月に一回、今回のように重曹で掃除すると電子レンジをかなり綺麗に保つことができます。

掃除の回数は多ければ多いに越したことはありませんが、最低でも一月に一回は掃除されることをおすすめします。

また、チンする際に飛び散った油を一度でも放置してしまうと、次に食品を温める際にその油が焦げ付いてしまいます。

ですので、普段から油が飛び散っていないか点検されるとより電子レンジを綺麗に保てますね。

汚れを放っておくと他にもデメリットがある

今回は焦げと臭いについてお話しましたが、電子レンジの汚れを放っておくと他にもデメリットがあります。

無駄な電気を消費する

電子レンジの庫内の汚れがたくさん付着していると、食材を温める効率が下がります。

なぜなら、食材を温める際に反射される電磁波は本来であれば、食材に当たるはずです。

けれど、壁面に汚れが付着しているとその汚れを温めるのにも電磁波が反応してしまいます。
電気を無駄に消費しない為にも掃除は大事です。

発火することもある

また、小さな汚れから転々と広がる汚れが蓄積されると発火の可能性も考えられます。

食材も物質の1つであり、火の気がなくても自然に燃え始める発火点と言う温度があります。

しかし、庫内全体を温めるマイクロ波が水分を含む汚れ等があると、汚れも加熱されて発火を引き起こしてしまう事もあります。

日頃からできる簡単な掃除方法

では、いろんな問題が引き起こる前に、日頃から心がけておくと綺麗に使えるポイント4つご紹介します。

  1. 使った後に汚れが付いていないかチェックする。
  2. ドアの内部も電子レンジ庫内と同じく、マイクロ波が当たります。汚れを見つけた時に水拭きなどしておきましょう。
  3. プレートを置いて使用するタイプの場合は、プレートの裏や全体を、使用する際に拭き取るようにしておくと固まった汚れ等を防げます。
  4. 電源コードや吸気口、排気口、キャビネットについたほこりは、渇いた布で取り除いておくと内部の換気や故障を防ぐ事ができます。

いかがでしたか?

電子レンジを綺麗にするにあたって様々な要点から述べてきました。

他の調理家電とは違って現代ではいろんな調理法ができる電子レンジも増えてきています。

火の無い所でも発火する可能性もありますし、少しなら・・と言う軽い気持ちが大きな災いを引き起こすこともあります。

電子レンジは食材が入っていても庫内全体を加熱するようになっていますので、汚れも食材として認知されてしまいます。

そこからの発火を防ぐためにも、日頃から細めな掃除が1番大切です。

汚れが付いたり、目に付いたらすぐに拭き取ることを心がけていきましょう。

そして、便利で良いモノを安全に、長く使う為にも私達の心がけ1つが大切ですね♪