面倒なイメージが強いレンジフード(換気扇)のお掃除

定期的な掃除をサボったり放っておくと油汚れ、ホコリ、異臭の原因になり非常に厄介で大ごとになってしまいます。

ですが正しい手順やコツを知っているだけで、簡単にお掃除できてしまうレンジフード。

今回はレンジフードのお掃除に腰が重い皆さまへ意外と簡単!と思っていただける掃除術を公開します。

用意するもの

・掃除用手袋(ゴム製等・ビニール製)
オススメはゴム製の手袋。厚手で滑り止め効果もあります。

・スポンジ
不要になったものでOK!古くなった食器用スポンジがベストサイズです。

・脚立
基本的に高いところでの作業になりますので、足場はしっかりとした脚立にしましょう。

・雑巾や古布
不要なものを再利用しましょう。油汚れでだいたい一回で真っ黒になりますのでご注意!

・不要になった歯ブラシ
溝や隙間に歯ブラシがピッタリ!

・中性洗剤
どのご家庭にもある食器用洗剤も中性洗剤の1つです。

・新聞紙や古紙

・ドライバー(外側にネジが付いてる場合のみ)

 

換気扇を掃除する前の準備

  • 上記の「用意するもの」を準備しましょう
  • 念のため、ブレーカーは落としておきましょう
  • レンジやキッチン台に汚れが落ちるのを防ぐために、あらかじめ新聞紙や古紙を敷きましょう
  • ガラス製の小窓や電球など、割れたら危険な部品は取り外しておきましょう
  • 工具や部品でご自身が傷つかぬよう、手袋を早めにしましょう

 

基本的なお掃除方法(換気扇・レンジフード)

パーツの取り外し

まずフィルターを外しましょう。フィルターの外側からネジで固定されているのでネジを外しましょう。

手で取れるものと、ドライバーが必要なものがあります。

無理に回さず、適応する道具を使って取り外しましょう。

フィルターの固定ネジが取れたら、フィルターを上下に揺らして取り外しましょう。

ファンが見えたら真ん中にあるつまみを「ゆるむ」の方向へ回しファンを取り外しましょう。

 

本体のお掃除

中性洗剤を濡れた雑巾または古布に浸してレンジフード(換気扇)の本体を拭いて行きましょう。

多少泡立ちがあるかもしれませんので、乾いた布で乾拭きするとツヤが出てキレイに仕上がります。

前板を外して丸洗いしたい方は、コネクタで接続された部分を取り外し本体内部金具を外してツメ部に注意しながら前方へ外しましょう。

 

フィルターのお掃除

大きめのバケツや洗面器、または各水洗い場の栓をして中性洗剤を混ぜたぬるま湯を張りましょう

その中にフィルターを入れてジャブジャブ洗っていきます。

この時汚れのひどい箇所は歯ブラシやスポンジでこすると落ちやすくなります。

異臭が気になる方は浸け置き洗いも有効です!

 

ファンのお掃除

フィルターと同様に、中性洗剤を入れたぬるま湯に浸しましょう。

ファンは金属製の製品が多いので、強めにこするのはNG

柔らかめの歯ブラシやスポンジなどで優しく洗いましょう。

こちらも浸け置きしてから洗うと汚れが落ちやすくなります。

 

パーツの取り付け

水気をしっかり切ってから取り付けに入りましょう

水気が残ってる場合は、新聞紙や古紙や乾いた布で拭いて行きましょう。

取り外した時の逆の手順で取り付けて行きます。

この時ツメ部や溝に注意して正しく設置していきます。

外れると非常に危ないことから、ツメ部や溝にハマるとちゃんとハマった感覚が得られるはずですので入念に設置箇所を見極めてください。

 

重曹で掃除する方法

重曹で掃除する場合は、重曹ペーストを活用しましょう。

重曹ペーストは、重曹2〜3杯に対してお水大さじ1杯で完成。

油汚れが目立つ箇所などに重曹ペーストを塗りつけてしばらく置いておきます。

その後重曹ペーストを付けた部分を歯ブラシやスポンジでこするとするりと汚れが落ちます。

それでも落ちない場合は、重曹+中性洗剤+ぬるま湯のペーストを作りそちらを活用しましょう!

 

セスキで掃除する方法

セスキとは、セスキ炭酸ソーダのことです。

実はセスキ炭酸ソーダはとても優れもので、アルカリ度が重曹の10倍もあります。

なので少量で色んな汚れに活用できます。

セスキはスプレーにして使うのがオススメです!作り方は水500mlに対してセスキ炭酸ソーダを小さじ1杯。

これをレンジフード(換気扇)のあらゆる油汚れにシュッシュッと吹き掛けて置いておきます。

時間が経ったら水洗いや布で拭いて汚れを落としたら完成です。

 

油汚れには浸け置き洗い

しつこい油汚れには浸け置き洗いがオススメ。

中性洗剤、重曹、セスキ炭酸ソーダどれを使っても浸け置きは有効な方法です。

但し、どの方法でも共通して欲しいのがぬるま湯を割ること

そして油汚れの度合いによって濃度や浸け置き時間を変えて行きましょう。

30分以上置けば大抵の汚れは落とせるはずですので、しつこい油汚れや久しぶりに掃除する時にやってみましょう。

 

その他の方法(煮洗い、プロの掃除業者に任せる等)

毎日最低でも1日3回、だいたいのご家庭はそれ以上回ってることの多いレンジフード(換気扇)。

ですからキッチン設備で消耗が激しい設備の1つとも言えます。

大事に使用していても、経年劣化や故障はつきものです。

ご自身で洗うにはとてもじゃない古い設備や、以前より異音がするようになった・吸い込みが悪くなった等故障してるかもしれないと感じる人は、迷わずプロの力に頼りましょう

実際のところ、やはりプロの力は相当なもの。

古かったはずの設備が新品のようにキレイになったとか、ファンが回る音が静かになった等、歓喜の声も多いのです。

たくさんの業者がありますので、お住まいの地域と予算を検討しお願いしてみましょう。

 

汚れ落としのコツ・予備知識

レンジフード(換気扇)の汚れはだいたいが油汚れ。

その油汚れの原因は、油分が酸化したものなのです。

油分が酸化する汚れとは、代表例としてキッチンのベタベタ汚れやタバコのヤニなど。

そして油分が酸化した汚れに効果的なのが、アルカリ性洗剤と界面活性剤です。

上記でご紹介したものは全てアルカリ性を含んでいるため、ちゃんと活用すれば油汚れが落とせます。

但し強すぎるアルカリ成分は本体製品への負担も大きいです。

製品を傷付けてしまわないよう注意しましょう。

 

換気扇のお掃除時期と頻度

時間が経過すればするほど、酸化が進む油汚れ

そのため長期間放置してしまうとどんどん頑固な汚れへと変貌してしまいます。

ですが毎日自炊する人と、ほとんどキッチンを使用しない人では油汚れの量が大きく変わります。

おおよそ3ヶ月〜6ヶ月に一度を目安に掃除するのがいいでしょう。

もちろん毎日自炊する人は3ヶ月ごとに掃除することをオススメします。

 

汚さないコツ

日頃から汚れを予防すると掃除の手間がグンッと変わります。

吸い込む入り口になる、レンジフード(換気扇)のフィルターにカバーを掛けましょう

ホームセンターや100円ショップで購入できます。

種類も豊富で、覆ってしまうキャップ型や、取り付け簡単シール付きタイプなど、大きさや種類も様々です。

 

おすすめの洗剤

スクラビングバブル激泡クリーナー

洗剤で有名なスクラビングバブル製品の「スクラビングバブル激泡クリーナー」がオススメ!

簡単な汚れならご家庭にある食器用洗剤で十分ですが、そうでない頑固な汚れにはこちらが役立ちます。

そしてオススメポイントは何と言っても簡単なところ

スプレーして拭き取って水拭きしたらおしまいです。

力仕事になりがちなレンジフード(換気扇)掃除だからこそ、こういう製品を活用して頑固な汚れを落としてみてはいかがでしょうか?

 

便利グッズ

アズマ  換気扇ファンブラシ

痒い所に手が届くとはまさにこの商品のこと

歯ブラシではヘッドが大きすぎる、しかしスポンジでは力が分散して集中してこすることができない・・・。

そんな不満を解消した商品がこちらの「アズマ 換気扇掃除 換気扇ファンブラシ」です。

楕円型のヘッドと薄く作られた持ち手ですので、色んな隙間に入り込むことができます。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

レンジフード(換気扇)の掃除は、正しい掃除方法でやってみるとあっという間に終わります

使用する洗剤の種類や、浸け置きの活用、便利グッズの利用で力仕事だったはずのレンジフード(換気扇)掃除から解放されます。

また定期的に掃除をすることで高価なレンジフード(換気扇)の経年劣化を遅くすることができるので、一石二鳥です。

ぜひご活用ください。