いらなくなった洗濯機はどう捨てたらいいか、なんとなくめんどうなのではと思っていませんか。

洗濯機はリサイクル法にしたがって捨てるように決められています。

洗濯機の捨て方によっては費用が抑えられるのです。今回は洗濯機の処分の方法の3つのポイントを解説します。

洗濯機はリサイクルへ

いらなくなった洗濯機を捨てるときは、リサイクルのルートに乗せなければなりません。

リサイクル法という法律で決められた手順と費用を払うことで、リサイクルのルートに乗せることができるのです。

洗濯機はリサイクル法に従って

リサイクル法では次の4品目が対象になります。

  • 冷蔵庫、冷凍庫
  • 洗濯機、乾燥機
  • テレビ
  • エアコン

捨てるときはリサイクル料金と収集運搬料を払って電器店や不用品回収業者などに回収をしてもらいます。

回収した業者は製造メーカーに引き渡し、メーカーは基準に沿って再資源化、再利用します。

リサイクルにかかる費用は

リサイクルにかかる費用は、リサイクル料金と収集運搬料の二つがあります。

リサイクル料金は、品目、大きさ、メーカーによって決められています。詳しくは家電リサイクル券センターのサイトで調べることができます。

洗濯機のリサイクル料金は、2,530円~3,300円ほどです。

また収集運搬料は、回収する業者(電器店、不用品回収業者など)ごとに違っています。

洗濯機の状態や年式などによっては買い取りしてもらえる場合があるので、業者は慎重に調べましょう。

洗濯機の処分方法は大きく3つ

洗濯機の処分方法は大きく分けて3つです。

  • 電器店に引き取ってもらう
  • 不用品回収業者に引き取ってもらう
  • 手間を惜しまず費用をおさえる

1.電器店に引き取ってもらう

  1. 洗濯機を買い換えるとき
  2. 洗濯機がいらなくなったとき

このようなときは、電器店に引き取ってもらうのが手間なしで便利です。

洗濯機を買い換えるとき

洗濯機を買い換えたとき、店頭でリサイクル料金と収集運搬料を支払うと新しい洗濯機を配送するときにいらなくなった洗濯機を回収してもらうことができます。

手間もなく配送してもらった日ですべて完了するので、便利ですね。

主な店舗の収集運搬料

ビックカメラ     1,650円

ケーズデンキ     1,650円

ヤマダ電機      1,650円

エディオン      1,100円     乾燥機(購入した商品と同じ商品)

1,650円     洗濯機(購入した商品と同じ商品)

洗濯機がいらなくなったとき

子供が独立したり家族に変化があるときなど2台の洗濯機の1つがいらなくなったり、または引っ越し先では使わなかったりという理由で洗濯機を手放したいときも、電器店に引き取ってもらうことができます。

購入した電器店に引き取りを依頼してもいいですし、リサイクル対象の家電を取り扱っている電器店なら、購入していなくても引き取ってもらえますので、店舗に確認の上依頼しましょう。

注意すること

買い換えのタイミングで回収を依頼するのが電器店に払う費用が一番安くなる方法です。

以前購入した洗濯機の引き取りやどこで購入したがわからない洗濯機の引き取りは収集運搬料が割高になることがあります。

引き取りのみの依頼の場合は、洗濯機を店舗まで運搬するかしないかでも料金が変わってきますので、依頼前に確認することが重要です。

不用品回収業者に回収してもらう

洗濯機だけでなく、ほかにも回収してもらいたい不用品がたくさんあるときは不用品回収業者に依頼するという方法があります。

ただし、無料回収のチラシや拡声器で無料回収を呼び掛ける業者は違法な業者である可能性が高いので避けましょう。

不用品回収を依頼するときは、丁寧に業者を選ぶことで違法な業者を見分けることができます。

許可の下りている業者を見分ける

不用品回収ができる業者は、一般廃棄物収集運搬許可 を得ています。

一般廃棄物収集運搬許可は自治体が許可を出すので、お住いの自治体に問い合わせてみるとよいでしょう。

産業廃棄物収集運搬業の業者では、家庭の洗濯機は回収できません。

無料回収とうたっている業者に依頼して高額な回収費用を請求されたという被害が多数報告されているので、注意が必要です。

また、違法な業者による不法投棄によって環境汚染や火災などの被害も出ています。不法投棄された洗濯機は持ち主の責任が問われるので、思わぬトラブルに巻き込まれてしまう恐れもあります。

見積もりを複数取る

不用品回収を依頼する前に、複数の業者に見積もりを依頼しましょう。

見積もりをとることで、費用をおさえた回収業者を選ぶことができます。

見積もりの説明が分かりやすいか、対応が丁寧かなどもチェックポイントです。

業者の特徴を比べる

見積もりをとると、業者の特徴が分かります。

買い取りサービスの有無や、どのようなパック料金があるかなど自分に合ったサービスを選びましょう。

注意すること

不用品回収業者を選ぶときの注意点

  • 無料回収の業者、むやみに安い業者は避ける
  • 見積もりは複数の業者でとる
  • 見積もり後のキャンセル料がかかるところは避ける
  • オプション料金の中身が明確である

オプション料金は、搬出経路に階段がある、二階から吊り下ろす必要があるなどの条件で変わってきます。

この料金の中身がはっきりしていない業者は、当日になってオプション料金といって高額な料金を請求することがあるので注意しましょう。

3.自分で見つけて費用を抑える

自分で手続きと運搬ができれば、費用を抑えることができます。

持ち込む、売る方法について解説します。

指定引き取り所に持ち込む

手続きと運搬ができれば、費用はリサイクル料金のみで済みます。

まずは一般財団法人家電製品協会の公式サイトで、近くの指定引き取り所と営業日を確認します。

郵便局にてリサイクル券を購入する

品目とメーカー名が必要になります。間違えないようにメモなどしていくとよいでしょう。

料金表を確認する

郵便局の備え付けの料金表でリサイクル料金と製造業者名コードを確認できますが、家電リサイクルセンターのサイトにもリサイクル料金一覧表があるので、あらかじめそちらで確認してもいいでしょう。

リサイクル料金を支払う

家電リサイクル券(料金郵便局振込方式)に記入します。メーカー名や品目が違うと持ち込んでも引き取ってもらえないので、注意が必要です。

振替払込書にて窓口またはATMで料金を支払う

窓口、ATMともに振込手数料がかかります。窓口は203円、ATMは152円です。

ATMで支払った場合は「ご利用明細票」が必要になるのでとっておきます。

振替払込受付証明書を受け取る

料金を支払っても、振替払込受付証明書を受け取らないと洗濯機を引き取ってもらえません。この振替払込証明書は窓口のみで受け取ることになっています。郵便局窓口の開いている時間でしか購入できないので、注意が必要です。

ATMで支払った場合は、ご利用明細票を窓口に持っていって振替払込受付証明書を発行してもらいます。。

振替払込受付証明書を貼り付ける

振替払込受付証明書を洗濯機に貼り付けます。

家電リサイクル券センターのサイトにもありますが、洗濯機、乾燥機の場合は右側面の上部に貼り付けます。

指定引き取り所に持ち込む

洗濯機とリサイクル券の購入時の綴り一式を持って、指定引き取り所に持ち込みます。

大型のトラックなども行き来しているので、係員の指示に従って入場しましょう。

洗濯機を引き渡すと、リサイクル券の控えが渡されるので必ず受け取ります。洗濯機がメーカーに引き渡されたかどうかを家電リサイクル券センターのサイトで確認できるまでは保管しましょう。

注意すること

メーカー名や品目を間違えると引き取ってもらえないのでしっかりと確認しましょう。間違えてしまったら郵便局にて手続きをし直します。

間違えて払ってしまったリサイクル券は捨てずにとっておいて、RKCコールセンター(0120-319640)[受付時間:午前9時~午後6時(日・祝休)に連絡すれば、返金手続きができます。

持ち込むときは、振替払込受付証明書の貼付を忘れると引き取ってもらえませんので注意が必要です。

買い取り専門業者に依頼

洗濯機の年式が新しいまたは、状態がよければ買い取り専門業者に依頼するのが費用がかからず、収入にもなります。

また、自宅まで引き取りに来てもらえるので便利ですね。複数の業者と買い取り価格を比較すれば、高く売れる可能性も出てきます。

買い取ってもらいやすい洗濯機とは

  • 製造してから3年~5年以内のもの
  • ドラム式洗濯乾燥機の高機能の機種
  • 取扱説明書や給水・排水ホース、ドラム固定ネジ、元口など付属品が付いているもの

これ以外にも、キズや欠けがないことも重要です。

ネットオークション、フリマアプリで売る

手間と時間がかかりますが、費用を抑えることができます。

処分する洗濯機の写真を撮ります。キズや劣化の部分もふくめて掲載することでトラブルを避けることができます。

発送方法の説明文をつけて出品します。

買い手がつけば発送となります。洗濯機の取り外しから発送まで自力でしなければならないので、手間がかかります。

注意すること

ネットオークション、フリマアプリなどで売る場合、日ごろから売買していて価格設定など慣れている人に向いています。

長いこと売れないこともあるので、洗濯機の処分を急がない場合に限られます。

まとめ

洗濯機を捨てるときは、リサイクル法に従って処分することが決められています。

方法としては

  • 電器店に引き取ってもらう
  • 不用品回収業者に引き取ってもらう
  • 自分で持ち込む、売る

費用はリサイクル料金と収集運搬料がかかります。

買い換えのタイミング、引っ越しのタイミングなどそれぞれの状況によって依頼するとよいでしょう。

自分で持ち込むと収集運搬料はかかりませんが、リサイクル券を購入しなければなりません。

郵便局の窓口が開いている時間でないと受け取れないので、平日に都合をつける必要があります。

洗濯機が新しくて状態がよければ、買い取り専門店に依頼すると費用も手間もなく、収入も得られます。付属品などもそろえておくとさらによいでしょう。

ネットオークション、フリマアプリは希望の価格で売れることもありますが、時間がかかったり発送に手間がかかったりしますので、いそいで処分したい人には向きません。

色んな処分方法を知ってお得に洗濯機の処分をしましょう!