男性
「不用品回収をお願いしたいのだけど、安く抑えたいけどおおよそどれくらいかかるの?」

引越しや物を捨てる時に一番頭を抱えるのが「不用品の回収をどうするか」

特に下記の物は頭を悩ませるんじゃないでしょうか。

  • 家電
  • 家具
  • その他一般ゴミでは出せない大きな物

上記の物を引き取る物としてお願いする際は基本的に「多大な費用」がかかってしまいます。

男性
「不用品回収に費用がかかってしまうのは仕方がないのが分かります。でも、やっぱり安く抑えたいです。」

そんな悩みを解消するために、この記事では不用品回収の費用を可能な限り安くする5つのコツ、注意点とおすすめの業者を紹介していきます。

それではいきましょう。

不用品回収にかかる費用は「回収する物・量による」

不用品回収にかかる費用は「いらないの物の大きさ・どれくらいの量になるか」によります。

その地区によりますが、不用品を回収する際に料金が変化します。下記がその例です。

  • 家電(冷蔵庫や電子レンジなどの家電等)
  • 家具(ソファなどの大きな家具等)
  • その他(ピアノ・自転車等)

このように上記の物によっては両機は全く違ってきます。

  • 冷蔵庫→6,000円〜
  • 洗濯機→3,000円〜
  • 電子レンジ→500円〜
  • ソファ→5,000円〜
  • タンス→5,000円〜
  • ピアノ→10,000円〜
  • 自転車→500円〜

出典:すぐ片付け隊

上記の金額は業者の金額ですが、ざっくり業者が引き取るとなると、上記の金額になると考えていいでしょう。

また、量によっても金額は変わってきます。

  • 量が多いと人件費がかかる(人が必要なため)
  • 量が多いと回収する車のトン数(トラックの大きさ)も変わる
  • いらない物が多いと処分するコストも変わってくる

このように量によっても金額は大きく変わってくるので注意しましょう。

したがって、いらない物の回収をどこかの会社にお願いするにしろ、「不用品の現物と量」を確認しましょう。

費用はその2つによって変わってきます。

どのくらい自宅に「不用品」が存在するかを確認する

上記のように「どのくらい自宅に不用品が存在するかを確認する」ことが大切です。

例えば、大きな物ばかりだと思いきや小さい物だったり、片付けをしていると思いがけない場面で不用品が出てくる時もあります。

なので、不用品回収を依頼する際は「何が自分、自分たちにとって必要なものか、何がいらない物なのか」を自分で理解することが大切です。

おすすめとしては下記のようにするといいです。

  • 必要な物、必要じゃない物、必要かどうかわからない物と3つに分ける
  • 必要かどうかわからない物は「1年以上使っていないか」を基準にして考える
  • 「思い出のある品」は後回しにする(出来ればダンボール1つにまとめる)

上記のようにすれば、何が必要なのか、必要ではないのかが分かります。

男性
「不用品の費用を把握する方法、確認の方法は分かりました。それでも私は不用品回収の費用を出来るだけ安くしたいんです。そのコツを教えていただけないでしょうか?」

次の章で「不用品回収の費用」をいかに抑えていくか、について説明していきますので安心してください。

不用品回収の費用を出来るだけ抑えるたった5つのコツ

それでは、早速「不用品回収の費用をいかに安く抑えるコツ」を紹介していきます。

5つありますので、ひとつひとつ解説していきます。

その①:自分が住んでいる市や自治体の「不用品回収システム」を使う

最初に、「自分が住んでいる自治体の不用品回収」がどれくらいのコストになるのかをチェックしましょう。

自治体だと、安い価格で不用品を回収してくれる場合があります。

特に自治体だと「業者でお願いしたら高い費用になる回収物でも、無料でやってくれる」場合もあります。

もちろん、上記は住んでいる自治体によりますし、業者と比べると高い時もある可能性があります。

ただ、自治体ですと手続きも楽ですし、回収も業者と比べると計画しやすいです。

したがって、まずは自治体に連絡し、それで不用品回収が高ければ業者に切り替えるのもアリじゃないでしょうか。

その②:「これ、売れそうだな」と思う不用品は他の人に売っていきましょう

2つ目は「他の人に売れそうな不用品を売る」ということです。

今の時代、売る方法はいくらでもあります。

  • ネット
  • チラシなどの引き取り業者
  • 友人や他人

特にネットだと非常に楽です。

例えばタンスなどの大きい物が売れた場合、一番困るのは「どうやって送るか、送料がどれくらいするか」です。

送料だけで、売り上げを食いつぶす可能性があります。

しかし、近くに住んでいる人に売ることができたら、近所まで物を引き取ってくれる場合もあります。

このように、上手くネットを活用したら「送料もかからず、不用品を売ること」も可能です。

また、友人や他人に売ることもできます。

例えば、ちょうど友人の引越しの時だったりすれば、自分にとってはいらない家具でも友人にとっては必要な家具にかるかもしれません。

したがって、方法はいくらでもあるので、不用品を売ることも重要です。

また、引越し費用や他の費用に使うこともできるのでまさに「一石二鳥」です。

その③:友人や他人にゆずる

前述したように売ることもできますが、友人や他人に売ることが嫌な場合はそのままゆずることもできます。

特に友人であれば、ゆずることによって自分にとっていらない物が、友人によって必要な物になることもあります。

特に前述したように、引越しだったりする際は尚更です。

また、売れない場合は最悪「他人にあげる」ことも可能です。

こちらもネットでも対応可能です。

物を譲る場合だったら、多少の「ワガママ」も言えます。

例えば、家の中まで直接取りにきて欲しいなど、少しワガママなお願いも言いやすいです。

ただし、ゆずる人が「女性」の場合は要注意です。

家の場所が特定されるので、その後「問題」になる可能性があります。

したがって、「赤の他人」に物をゆずる時は十分、注意しましょう。

その場合はどこか「家から近くの場所でゆずる」のがいいでしょう。

その④:各業者に相見積もりを出す

上記では自分たちが持っている不用品を「売る」、「他の人にあげる」そして自分の住んでいる自治体への確認をコツとして解説しました。

同時並行でやることとして、「各業者に相見積もり」を出しましょう。

前述したように、業者によって不用品回収の料金が違います。

他にも気になるようでしたら電話で聞くようにしましょう。

  • 料金はどうなっているのか
  • 引き取れないものは何か
  • どのようなプランがあるか

上記は聞くことの一部に過ぎませんが、最低この3つは聞きましょう。

もし聞きそびれたら、ネットで検索することもアリです。

大手の業者ですと、ホームページがあり「料金やプラン」が記載されています。

したがって、各業者に電話かネットで聞きたいことを聞き、見積もりをもらいましょう。

そして、自宅にあるいらない物を確認して、「この業者が最適だ」と思ったらその業者を選びましょう。

その⑤:いらない物が多い時は「積み放題プラン」や「定額プラン」を使う

いらない物の回収の際に、一番困るのは「物が多い」場合です。

どれを売ったらいいのか、人にゆずれる物があるのか、、それも把握できないほどに物が多い家もあります。

その時は業者の「積み放題プラン」や「定額プラン」を使いましょう。

このプランであれば下記のメリットがあります。

  • トラック内に積み放題(スペースがある限り)
  • 料金が一律(トラック1台分)
  • 物が多いと費用が安くすむ

上記のように料金がトラック1台分だったり「一律」なので物が多ければ、多いほど費用が安く済みます。

このようなプランは大手の業者は必ずやっているので、不用品回収品があまりにも多い場合はぜひチェックしましょう。

不用品回収の注意点3つ

続いて、不用品回収の際、いくつか注意点があるので解説していきます。

こちらは3つありますので、ぜひ頭の中に入れておいてください。

その①:引越しのシーズンは避ける

まず、引越しのシーズンは避けましょう。

理由として、下記の通りです。

  • 業者が忙しくて、断られるケースがある
  • スケジュールが組めない(いつに引き取れるかわからない)
  • 「繁忙期」なので料金が高い

引越しのシーズン、特に3月などは引越し業者同様、不用品回収を主にしている業者も「繁忙期」になります。

繁忙期、つまり引越しの際は「処分したい物」が出てきて、それを捨てたい人が多く出てくるシーズンなので。

したがって、業者から断られたり、こちらがスケジューリングがしたくても「数週間待ち」になるなど、待ちの状態になる可能性があります。

また、費用も引越しのシーズンは「繁忙期の料金」を請求される可能性があります。

不用品回収の費用を抑えたい人にとってはキツイ話なので、繁忙期は必ず避けましょう。

つまり、繁忙期前に不用品回収をお願いするようにしていきましょう。

前もって行動することが大切です。

その②:回収できない物もある

不用品回収と聞いたら、「いらない物ならどんな物でも回収してくれる」イメージですが、事実は違います。

不用品回収業者でも回収できる物、できない物はあります。

例えば以下のような物です。

  • 生ゴミ
  • 土や岩
  • コンクリート

上記以外でもありますが、このようなものは回収できません。

「回収できない物」については不用品回収業者に電話をするか、ホームページでも確認できるので、事前に確認しておきましょう。

業者によっては「回収できる物、回収できない物」があるので事前に上記の方法で見ておきましょう。

その③:不用品回収費用の「相場」を把握しておく

前述したように、不用品回収の際は回収できる物、回収できない物を把握することが大切と言いましたが、それと同じくらい大切なのが「不用品回収の相場」を確認することです。

何故なら、後述しますが世の中には悪質な業者もいるので、不用品回収の費用をダマシ取られる可能性もあります。

したがって、「不用品回収の相場」を知ることで事前にダマされることを防げるので「どれくらいコストがかかるのか」は確実に頭に入れておきましょう。

相場については各地域よって違うので、googleでその地域の不用品回収業者のホームページを見ておきましょう。

悪質な業者も存在するので注意すること【良い業者との見極め方あり】

前述したように、不用品回収の業者の中には、「高い費用をふんだくる」業者もいます。

上記の業者はお客様から「高い見積もり」を渡したり、見積もり以外で出たいらない物には業者から「こんな物を回収するなんて聞いてない」ということで、これまた高い請求をしてきます。

上記のようなことを防ぐため、下記のことを覚えておきましょう。

悪質な業者の特徴になります。

  • ホームページがない
  • 連絡先が個人携帯(場合によります)
  • チラシでとにかく「無料」とうたう

上記のような業者は注意が必要です。

特に、ホームページがない、なんでも無料と記載がある場合はとにかく注意です。

物を捨てるにはお金がかかりますし、無料で廃棄できる物はほんの一部です。

逆に良い業者は悪質な業者とは反対な業者です。

  • ホームページがある
  • 連絡先がきちんとある
  • ホームページなどにプランがきちんと書かれている
  • 引き取れない物、引き取れる物がきちんと書かれている

このように、良質な業者は「何が出来て、何が出来ないか」もきちんと記載しているので、使う側としてもわかりやすいです。

したがって、業者を調べる際は、上記の3つを調べてから連絡しましょう。

不用品の回収をお願いする時のおすすめな業者

この章では不用品回収を業者にお願いしたい時、おすすめな業者を紹介していきます。

当ブログでは様々な不用品回収の業者を紹介しています。

様々なパターンで対応可能ですので、ぜひ確認をしてみてください。

まとめ:不用品回収の費用は業者によって違う。必ずどれくらいかかるかを確認すること

不用品回収 費用

不用品回収の費用を少しでも抑えたい、、その場合はまず「相場」を確認することです。

そして下記の通りにしましょう。

  • 大体いくらくらいの費用になるかを確認する
  • 家にある「不用品」を確認する
  • 「不用品」が売れるか、他人にゆずれるか確認をする
  • 売れる、ゆずれる「不用品」を売る、ゆずる
  • 再度、家にある「不用品」を確認し、各業者に相見積もりする
  • 自分の家に合うプランを提示してきた業者に依頼
  • 上記の流れで不用品の回収を業者にお願いしましょう。

上記のようにお願いすれば「コストを抑えること」は可能です。

最後に、「不用品回収は早めに行動しましょう」。

引越しシーズンとなると費用の上昇もしますし、最悪引き取りが出来なくなる場合があります。

人間誰しも、怠慢になります。

「明日連絡すればいいか、、まだ引越しシーズンまで数カ月あるし、、。」

このようにしていたら、引越しシーズン到来になるので注意して下さい。

今すぐにやることで邪魔な不用品とおさらばできるので、行動できるときに行動しましょう。