女性
「不用品回収の相場ってどのくらいの料金になるの?なるべく安くしたいです。」

引越しや大きな物を捨てる時など、不用品回収をお願いすることになります。

しかし、ほとんどの人がどれくらい料金がかかるか、相場がわからないんじゃないでしょうか。

そこで本記事では不用品回収の相場、料金システム、安く抑えるコツを紹介していきます。

それでは早速解説していきます。

不用品の回収をお願いする上で、「相場」を事前に確認することが大切

不用品回収 料金 相場

不用品の回収を業者などにお願いする上で「どのくらいの費用になるか」を事前に確認することは重要です。

  • 金額が違う
  • いらないモノによって料金が変わる
  • 高い料金を請求する悪徳業者が存在する
  • プランによって料金が変わる
  • 市や自治体にお願いした方が安い場合がある

以上のことから、いくつかの業者の相場はチェックしておいた方がいいです。

ちなみに不用品回収業者の相場は下記の通りです(地域によって違いがある可能性あり)。

  • 品別ごと→3,000円から5,000円
  • 軽トラックでの積み放題プラン→18,000円〜30,000円
  • 物量でのプラン→11,000円〜

出典:すぐ片付け隊

このように、すぐ片付け隊では3通りの料金相場を解説しています。

また下記は品別ごとをもっと細かくした費用の相場になります。

  • マットレス・ソファー類:→2,000円〜5,000円
  • テーブル→2,000〜5,000円
  • ベッド→3,000円〜6,000円
  • テレビ、洗濯機、冷蔵庫→4,000〜10.000円

出典:不用品回収の費用相場をゴミ別で解説【費用を抑えるコツも紹介】

このように物が大きくなれば大きくなるほど、高くなっていくのが分かります。

不用品回収の相場は物が大きいか、重さによって料金が変わってくる

不用品回収 料金 相場

前述したように、業者の不用品回収相場は物がどれくらい大きいのか、そして量によって料金体系が変わってきます。

業者の不用品回収は大きな物を運ぶために軽トラック、または処分する物の量に合わせた車格のトラックを用意します。

例えば、多くの業者である「積み放題プラン」は軽トラックの運用が多いです。

それ以上の量になる場合はオプションプラン、つまり追加の料金が発生する可能性があるため、その量に見合う車格の車両になります。

したがって、軽トラックの量で収まる量であれば、「積み放題プラン」でお金を抑えることはできますが、それ以上に物が多いとオプションとしてトラックの車格が変わり、費用も高くなってしまう可能性があります。

そこは各業者のホームページに載っているので、必ずチェックしておきましょう。

女性
「不用品回収の相場は分かりました。ただ業者の料金システムについて、もっと具体的に教えてもらえないですか?」

次の章で不用品回収の料金システムを解説していきます。

不用品回収の基本的なシステム

不用品回収 料金 相場

前述したように、本章では業者の不用品回収の料金の仕組みを説明していきます。

3つあるので、これらを頭に入れたら各プランがどんなプランなのかが分かります。

その①:品別だけのプラン

まず、品目だけのプランです。

これは前述した通り、家電や家具で決まる料金です。

料金は上記で説明した通りです。

このプランは単一で捨てたい物、つまりソファだけや冷蔵庫だけ捨てたい方向けのプランです。

逆に、回収品が多いと料金が高くなるだけなのでやめましょう。

家具や電化製品の大きさによれば、安ければ2,000円、高ければ10,000円をする場合もあります。

かなり痛い出費ですが、回収業者も処分にそれほど費用がかかるということです。

したがって、ひとつひとつの単位で物を捨てる際は「積み放題プラン」などの方が費用を抑えれる場合があるので、各業者の料金表を見て決めましょう。

その②:料金が決まったプラン

不用品回収で料金が決まったプランはこちらです。

  • 積み放題プラン
  • 物の量で決まる定額プラン

この2つになります。

積み放題プランは前述した通り、軽トラックに積み放題のプランです。

軽トラックの積載は350kgなので、それを超えない限りはいくらでも積んでもいいシステムです。

例えば、大量に捨てる不用品があったり、家具や電化製品があれば便利なサービスになります。

もちろん、積み放題なので、料金も決まっています。

したがって、大量に物を捨てたい場合はメリットがあります。

その③:量によって決まるプラン

女性
「軽トラックに積み切れない場合、前述したようにどうしても追加オプションとして料金が高くなってしまうのでしょうか?」

こんな疑問を解消するためにあるのが物量によって変わるプランです。

こちらは業者によって違いますが、料金体系は以下によって変わっていきます。

  • 不用品の量
  • トラックに物を積んだ際の容積

上記によって変わってきます。

このプランは前述したように、軽トラックで積みきれない際のプランになります。

したがって、350kg以上になった場合にこのプランになります。

ただ、このプランでは「最低料金」がある可能性があるので気をつけましょう。

最低料金とは、トラックに積み込んで、想定より少なくても一定ラインの料金は頂くという意味です。

つまり、いざトラックに積み込んで、不用品が思ったより少なくてもきっちりトラック分の料金はもらうよ、ということです。

有名な業者であるすぐ片付け隊さんもこの「最低料金」を設定しています(11,000円〜)。

もしかしたら、品目でのプランを選択した方が安い場合もあります。

したがって、このプランを選ぶ際は不用品の量をチェックすると同時に、最低料金があるかを必ず確認しましょう。

女性
「不用品回収の相場、費用の仕組みは分かりました。でもやはりここから料金を出来るだけ抑えたいです。どのようにしたらいいでしょうか。」

次の章で上記の疑問についてお答えいたします。

不用品回収の料金を安くする5つのコツ

不用品回収 料金 相場

続いて、前述したように不用品回収の料金を安くする5つのコツを解説していきます。

その①:捨てられるものは捨てる

まずは、捨てられるものは捨てていきましょう。

あなたの家や部屋を見渡すと下記のような物がありませんか。

  • 友人や他人からもらって使っていない物
  • 1年以上使用した記憶がない物
  • 旅行先で買って使っていない物
  • どこで買ったか分からない小物
  • クローゼットに眠っている物

これらは全て処分していきましょう。

上記の物は基本的に今後、使うことはないです。

友人や他の人からもらった物は確かに捨てにくいかもしれないです。

ただ、ここできちんといるか、いらないかを選択しないと一生あなたの家はきれいにならないですよ。

もちろん、あなたにパートナーがいてその物自体に思い出があれば、話し合いが必要です。

したがって、捨てられる物はきちんと「これは今後この先、本当に必要なのか」を判断して、それから可能な限り捨てていきましょう。

その②:売れるものは売る

女性
「そうは言ってもなかなか捨てられないです。もったいないです。」

このように思う人もいると思います。

このような場合は物を売りましょう。

今の時代、売る方法はいくらでもあります。

  • ネット
  • リサイクルショップ
  • 質屋
  • 友人・他者に売る

上記の通りです。

この3つを使って、売れる物はバンバン売っていきましょう。

特に、今は使っていないブランド品はネットや質屋で売ったらいい金額で売れる場合があります。

また、何年も使ってない物が実は「プレミア化」した物で市場価格が高くなっている場合があり、高い金額で取引されている可能性があります。

そしてそのお金を使って、不用品回収の依頼をしたらプラスマイナスゼロになる場合もあります。

プラスマイナスゼロでなくても、費用の足しにはなります。

したがって、売れる物はすぐに売ってしまいましょう。

ネットだと、売る際に梱包などをしなきゃいけないため、時間がかかるので早めに行動することをおすすめします。

その③:あげれるものは、あげる

上記では売ることはおすすめしましたが、もちろん売れないものもあります。

例えば、家具などの大きい物や少し古くなった家電は売れない可能性があります。

その場合は、友人や他人にあげましょう。

引き取られる金額がかかるより、よっぽどマシです。

例えば、以下の方法を取れば物を簡単にゆずることができます。

  • 地元専用の取引サイト
  • 市や自治体のサイトから募集している人を募る
  • 友人にいるか聞く

上記3つの方法を取れば、ゆずることができます。

特に、「無料、タダ」という言葉を使えば、必ずゆずることができます。

人は「無料、タダ」という言葉に弱いので。

その④:自治体や市に相談する

自治体や市に「不用品回収」のお願いもすることができます。

住んでいる地域によりますが、業者と比べると安いお金で回収してくれる場合があります。

女性
「なんで自治体や市に依頼すると、業者より安くなるんですか?」

それは税金が使われているからです。

回収費用の一部にみなさんが納めている税金の一部が使用されているので安くなっているカラクリです。

ちなみに金額については、住んでいる地域よって全く違うので、ネットで住んでいる地域の自治体のサイトにアクセスしましょう。

例えば、都市と田舎では金額に大きな差があります。

どうしても、ゆずる先が見つからない場合は、まずは住んでいる地域の自治体に相談してみてはどうでしょうか。

その⑤:業者に相見積もりをする

最後は、業者に相見積もりをすることです。

業者に相見積もりを取る理由として下記のことがあります。

  • 業者によって費用が変わる
  • いい業者、悪い業者と分かる手段
  • 各業者によってプランが異なる

上記の理由からです。

例えば、軽トラックの積み放題プランの見積もりをもらった際に注意すべきことは、以下の点です。

  • 額が明確
  • 積み込みできない物が明確
  • 重量オーバーになった際、料金はどのくらい上がるかが明確に記載されている

前述したように、軽トラックでの最大積載重量は350kgです。

これをオーバーすると、道路交通法上、違法になります。

したがって、350kgをオーバーする際にどんな料金体系になるかが、安く費用を抑えるカギとなります。

良質な会社であれば、オーバーした際のプランを提示し、きちんと金額を提示してきます。

逆に悪質な会社、きちんとしていない会社はそこを触れることはないです。

オーバーした場合に「追加料金」として高い費用を請求してくる可能性があります。

また、積み込みができない物、つまり回収できない物もきちんと書かれているか確認をしましょう。

当日に「これは引き取りが難しいですね、、でもオプション料金なら可能です」と言われて高額な追加料金を請求してくる業者もいます。

したがって、見積もりを各業者に依頼する際は最低、上記3つは確認しておきましょう。

また、ホームページからでも確認できますので気になる人は事前にチェックしましょう。

悪質な業者もいるので要注意!【見極め方あり】

不用品回収 料金 相場

前述したように、「高い費用を請求してくる悪質な業者」も存在します。

このような業者はこちらが知識がないことを利用して、高い費用を請求してきます。

見極め方として、必要なことの事前確認を忘れなければ大丈夫です。

例えば下記の通りです。

  • ホームページがあるか
  • プラン・料金が明確に記載されているか
  • 大手か個人か

もちろん、個人で経営している業者も良質な業者は存在しますが、「サービスが行き届いていて安心したい」場合は大手の業者を選ぶのもアリじゃないでしょうか。

また、大手の方が様々なプランをこちらに提案してくれます。

スタッフも多くいるので、「積み放題プラン」など色々なプランがあるので、こちらとしても選びやすいところがメリットです。

したがって、業者を選択する際は上記3つのことは確認しておきましょう。

料金の相場が安い不用品回収の業者は?

不用品回収 料金 相場

料金の相場が安い業者は当サイトでも紹介しています。

当サイトでは様々な不用品回収の業者を紹介しているので、もしお困りな場合がぜひご覧になってください。

まとめ:不用品回収をお願いする上で重要なのは、料金の相場を事前確認すること!

不用品回収 料金 相場

不用品回収をお願いする上で一番重要なのは、「料金の相場」を知ることです。

市や自治体が行っている不用品回収の料金の相場もネットなどでチェックしておきましょう。

業者、自治体と比べてみて、サービスの良さ、料金の安さを比べてあなた自身の判断で決めましょう。

その際は、物を減らしてから行動していきましょう。

費用を安く抑えるコツは下記の通りです。

  1. 捨てられるものは捨てる
  2. 売れるものは売る
  3. あげれるものはあげる
  4. 自治体や市に相談する
  5. 業者に相見積もりをする

以上のことをしてから、行動していきましょう。

前述したように、物を売ったり、減らすのは時間がかかります。

事前に動いて、早めに行動していきましょう。