主婦の皆さん。実は家が汚くて困っていたりはしませんか?

もしくは、ママ友の家に遊びに行ったら家が汚くてびっくり・・・!なんて方もいるかも知れません。

そこで今回は、家をゴミ屋敷にしてしまう主婦の特徴についてご紹介します。

どうしたら綺麗な状態に戻せるのかも解説していきますので、主婦の方はぜひ最後までご覧ください。

 

主婦は要チェック!ゴミ屋敷の定義とは?

ここでは、主婦の方が必ずチェックしておきたいゴミ屋敷の定義についてご紹介します。

ゴミが何日も放置されていたらゴミ屋敷

主婦も毎日多忙に過ごしている方も多いですが、実はそんな主婦こそ家がゴミ屋敷になっていないか要チェックする必要があります。

実際、ゴミ屋敷と呼ばれる定義は、ゴミが何日も家に放置されている状態がゴミ屋敷であると言われています。

これは、ゴミの日にゴミ捨てが面倒に感じる、あるいはゴミの日を忘れてしまうなど、家の中にゴミを溜め込んでしまうことでゴミ屋敷と呼ばれるようになります。

例えば、ゴミ捨ての日がわかっていながらあえてゴミ捨てをしない主婦もいるかもしれません。

また、ゴミ捨ては自分の仕事ではないと感じていることもあるでしょう。

このように、あなたの家にゴミが何日も放置されている場合は、ゴミ屋敷化している可能性が高いため、改めて自身の毎日の行動を振り返ってみましょう。

悪臭について近所から苦情があったらゴミ屋敷

主婦も毎日多忙に過ごしている方も多いですが、実はそんな主婦こそ家がゴミ屋敷になっていないか要チェックする必要があります。

もしもあなたの住む家の近隣住民から悪臭による苦情があった場合は、あなたの家がゴミ屋敷化していると言えるでしょう。

例えば、何日も家の中にゴミを溜め込んだ場合、生ゴミなどが腐敗し、悪臭を放つことになります。

その悪臭が家中に広がり、換気のために窓を開け放つことで近隣にまで悪臭被害を与えてしまうことがわかります。

このように、ゴミ屋敷だと考えられるのは、あまりの悪臭によって、近所から苦情を受けた場合は、あなたの家がゴミ屋敷となっていると言えます。

明日すぐに人を呼べない状態ならゴミ屋敷

自分の家がゴミ屋敷になっているという事態に、意外と気付かない主婦も多く、明日、すぐに人を家に呼べないという状態の場合はゴミ屋敷であると定義されます。

これは、一般的には家の中は片付いてきれいな状態が望ましく、家の中の掃除を怠る、あるいはゴミ捨てを行わないからです。

例えば、ゴミ屋敷となっている場合、友達からの連絡により急遽自宅へ招くことになっても、すぐに呼べないという状況になるでしょう。

あるいは、自宅ではなく別の場所で待ち合わせをするなど、家に人を呼べないという状態はゴミ屋敷だと言えます。

このように、あなたの住む家がゴミ屋敷になっているかどうかを判断するためにも、明日すぐに人を呼べるかどうか再確認してみましょう。

もしもゴミ屋敷に該当していた場合は、早急に手立てを考える必要があると言えます。

 

一部の主婦はどうして家をゴミ屋敷にしてしまうの?

ここでは、どうして主婦が家をゴミ屋敷にしてしまうのか、その理由について解説していきます。

性格的に片付けが苦手だから

同じ主婦でも片付けが得意な人と不得意な人がいます。

ではなぜ一部の主婦は家をゴミ屋敷にしてしまうのでしょうか?

これは、そもそも性格的に片付けを行うということを苦手としているためです。

例えば、使った物は元の場所に片付けるのが一般的です。

しかし、片付けを苦手としている方は、自分が使ったものを片付けることができず、次から次へとどんどん散らかしてしまい、結果的にゴミを捨てることができず溜まる一方になると言えます。

このように、性格的に片付けを苦手としている方は意外と多く、主婦が家をゴミ屋敷にしてしまうケースが非常多いと言えるでしょう。

精神疾患を抱えていて片付けができないから

家の中の片付けを億劫に感じるのは理解できることでもありますね。

しかし、その理由が精神疾患によって家の中の片付けができない可能性があります。

例えば、これまで片付けに対して億劫な思いもなく、日常的にきれいに片付けができていた方が急に片付けに対して無気力になってしまった場合、うつ病や統合失調症、認知症、さらにはセルフネグレクトなどといった精神疾患に罹患している恐れがあります。

また、このような精神疾患は自分では気付きにくく、周囲の人から指摘されて初めて自分の状態を知る方も少なくありません。

このような精神疾患に気付いた場合は、仮に部屋の掃除ができてもその場しのぎとなり、根本的解決につながりません。

そのため、精神的疾患について詳しい専門家によるサポートを受けることをおすすめします。

夫や家族が家庭に無関心で孤独を感じているから

一部の主婦が自宅をゴミ屋敷にしてしまう理由のひとつに、夫や家族が家庭に対して一切関心がないため、妻がひとり孤独を感じてしまうためだと言われています。

これは、毎日同じことの繰り返しに対し、見えないストレスを抱えている、あるいは人との関わりがないため、自分を見つめ直す機会がないからです。

例えば、孤独を感じている方は、物をたくさん購入し、それを持つことで自分が感じる孤独感や不安感を消し去ろうとする方の姿も見られます。

また、このような状況に置かれた場合は地域社会がゴミ屋敷に住む本人と向き合い、付き合っていくことが大切です。

このように、夫や家族が家庭に対して無関心な場合こそ、ゴミ屋敷となってしまうと言えるでしょう。

 

主婦がゴミ屋敷から抜け出すための方法は?

ここでは、主婦がゴミ屋敷から抜け出すための方法について解説していきます。

家族と一緒に数日かけて片付ける

主婦が自宅をゴミ屋敷にしてしまっても、そこから抜け出すための方法があります。

それは、家族とともに協力し、片付けを行うことです。

これは、自分一人では何をどうして良いか正しい判断ができない状況のため、ゴミ屋敷になってしまっていると考えられます。

例えば、もしもゴミ屋敷であったとしても、あなたの家族があなたに代わって助言を行い、適切に丁寧な片付けを行える場合もあります。

家族が総出となり、一緒に数日かけて片付けを行うことで、ゴミ屋敷から抜け出し、通常の生活を送ることができると言えるでしょう。

このように、主婦がゴミ屋敷から抜け出すためには、家族の協力がとても大切であることが分かりますね。

実家の家族に手伝ってもらって片付ける

主婦が自宅をゴミ屋敷にしてしまったとしても、そこから抜け出すための方法があります。

それは、あなたの実家の両親や、あなたの兄弟姉妹に家の片付けを手伝ってもらうことです。

これは、自力では片付けられないほどのゴミの量となっている場合は、自身ですべての片付けを行うことはできないからです。

例えば、最低限、生ゴミは自力で捨てることはできても、大型のゴミを処分しなければならない場合は、とてもひとりでは運び出すことができない作業もあるでしょう。

このように、主婦が自宅をゴミ屋敷にしてしまった場合でも、実家の家族からの手助けによって、ゴミ屋敷から抜け出すことができる可能性があるということを知っておいてください。

ゴミ屋敷から脱出した同じ主婦のブログを読む

主婦が自宅をゴミ屋敷にしてしまった場合でも、同じ境遇にいる主婦たちのブログから助けられ、ゴミ屋敷から抜け出すことができた主婦もいます。

これは、ゴミ屋敷にしてしまった主婦が、自身のゴミ屋敷の体験を綴ることで、あなたと共感できる一面を持っているからです。

例えば、日常の些細なストレスや精神疾患などから孤独に陥り、寂しさを紛らわす、あるいは心の隙間を埋めようとゴミを集めてしまうことがあります。

それが後に自宅をゴミ屋敷化させてしまうと言えるでしょう。

しかし、ゴミ屋敷から脱出した同じ主婦のブログを読み、共感できる部分があれば、あなたも自身の家がゴミ屋敷でもそこから抜け出すことができることもあります。

諦めず、一人で悩むことのないよう、助けを得られる場所はたくさんあるということを知っておくだけで心が軽くなると言えるでしょう。

不用品を処分して引越しする

主婦がゴミ屋敷から抜け出すには、不用品を処分して引越しするという方法があります。

これは、家の中の不用品をすべて処分し、あなたが快適に過ごせるだけの広さを有する家に引越しすることで、それ以上のゴミや不用品が増えない生活を送ることができるようになるからです。

例えば、現在のゴミ屋敷の広さがあなたにとって広すぎる間取りであれば、それだけ部屋の中にゴミが増え続けてしまうでしょう。

しかし、あなたに最適な部屋の広さであれば、それ以上にものが増えていくことを防ぐことができます。

このように、主婦がゴミ屋敷から抜け出すには、不用品などすべてを処分し、思い切って今の家から引越をするという選択を行ってみてください。

きっと、これまでのようなゴミ屋敷になることを避けることができるでしょう。

ゴミ屋敷片付け業者に依頼をする

主婦がゴミ屋敷から抜け出すには、ゴミ屋敷片付け業者に依頼をするという方法があります。

これは、自分ではどのように片付けを行って良いか分からず、悩んでいる場合に最適な手段であるためです。例えば、床を埋め尽くし、天井にまでゴミが達している、あるいは自宅の玄関の外にまでゴミが投げ出されているというような場合は、自力で片付けを行うことは困難だと言えます。

また、水回りが機能せず、ゴミ屋敷化が進んでいる場合も自力で片付けられる範囲を超えていると言えます。

このように、自力で片付けることが困難なほどのゴミの量に達しているという場合は、迷わずゴミ屋敷片付け業者に依頼をし、スムーズなゴミの撤去を行ってもらいましょう。

 

主婦がゴミ屋敷問題を解決するまでの時間

ここでは、主婦がゴミ屋敷問題を解決するまでにかかる時間についてご紹介します。

身内で片付ける場合数週間~1ヶ月

主婦がゴミ屋敷問題を解決するまでの時間は、身内が協力して片付けを行う場合は数週間~1ヵ月の時間がかかると言われています。

これは、家族が仕事を持っている場合など、片付けだけに時間を費やすことができず、毎日、あるいは週末を利用するなど、少しずつ片付けを進めていくためです。

例えば、1日中片付けに没頭することができれば、身内が総出で片付けを行うとスムーズに進むかもしれません。

しかし、それぞれの都合や仕事など、様々な予定から、必ずしもゴミ屋敷の片付けに専念できるわけではありません

このように、主婦がゴミ屋敷問題を解決するまでには、身内からの協力を得られた場合でも数週間~1ヵ月の時間をかけて行うことになるでしょう。

ゴミ屋敷片付け業者の場合は数日

主婦がゴミ屋敷問題を解決するまでの時間はゴミ屋敷片付け業者が行う場合は数日ですべての片付けを行うことができます。

これは、専門業者に依頼することで、集中した作業を行うことができるからです。

例えば、片付けを行うゴミ屋敷のゴミの量によっては、1日で片付けられることもあります。

また、どんなにひどいゴミ屋敷の状態であっても、ゴミの量に対して作業人員を配置するため、各部屋の片付けがスムーズに行われるようになります。

そのため、ゴミ屋敷片付け業者に依頼する方が、早急な片付けを行うことができるということが分かります。

このように、主婦がゴミ屋敷問題を解決するまでの時間は、片付け業者に依頼すると数日で完了するということが分かります。

 

まとめ

今回は家をゴミ屋敷にしてしまう主婦の特徴についてご紹介しました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。