突然ですが生前整理と遺品整理の違いって分かりますか?どちらも品物を成立することですが、両者の違いはどこにあるのでしょうか。

本記事では、生前整理と遺品整理の違いについてご紹介します。

生前整理とは

ここでは生前整理について詳しく解説していきます。

エンディングノートの作成

生前整理とは、自身の亡き後に、遺品整理及び相続について残された家族が揉め事を起こさないよう、生前の間に身辺整理を行うことを指します。

また、その中にはエンディングノートを作成することが含まれています。

これは、あなたの死後、家族がそれを見ただけであなたに関する必要となる情報をまとめておけるためです。

例えば、株券や預金などの資産、また、不動産など、どのように分配するかを詳しく書いてまとめておきましょう。

このエンディングノートはとても便利に活用できると言われていますが、実質法的な拘束力がないため、相続を確実に分配するためにも遺言状を作成しておくことをおすすめします。

このように、生前整理にはエンディングノートを作成しておくことも含まれていることを家族も熟知しておくことが大切です。

遺言状の作成

生前整理とは、自身の亡き後に、遺品整理や相続問題で大きなトラブルが起こることのないよう準備しておくという意味でも、遺言状の作成を行っておきましょう。

これは、あなたが遺言状を残しておくことによって法的な拘束力を持つため、没後に家族間で相続問題についてトラブルを未然に防ぐことができるからです。

例えば、資産が多い方の場合は、早々に相続税対策を講じておかなければ、高額な相続税の課税対象となる恐れがあります。

そのため、早々の生前整理をおすすめします。

このように、生前整理を行う際は、あなたの死後にどのような相続を行うべきか、またどのように執り行われるかについて、より細かく指示する遺言状を必ず作成しておくようにしましょう。

持ち家について決める

生前整理では、あなたがまだ健在のうちに、死後のことを考慮し、持ち家などの不動産を相続させるかについて決めておくことが大切です。

これは、あなたの持ち家を誰がどの配分で相続するかを取り決めしておかなければ大きな相続問題が生じてしまうと考えられているためです。

例えば、あなたの資産や不動産を相続するという人数が多い場合、全員が均等に配分されるよう、詳細を遺言状に残しておかなければなりません。

もしも遺言状がなかった場合、兄弟姉妹間で相続トラブルが起きるだけではなく、家族関係が悪化する可能性もあります。

このように、生前整理を行う際は、あなたが居住している持ち家についての相続の配分を決めておくようにしましょう。

葬儀やお墓について決める

生前整理で行っておくべきことは、あなたの葬儀やお墓について、死後どのようにすべきかを決めておくことが大切です。

これは、自分のお葬式やお墓、埋葬の考え方の希望を残しておくと、死後の手配などを円滑に進めることができるからです。

例えば、生前のうちに葬儀に使用する遺影の写真を準備しておく、また、先祖代々のお墓の墓守をしてもらえない場合、無縁仏として墓じまいの必要があるかもしれません。

このように、生前整理で行うべきことは、あなた自身の葬儀の方法やどのお墓に納骨を行うかなど、詳しいことを家族で話し合っておくようにしましょう。

そうすることで、もしもあなたが亡くなったとしても、残された家族が困ってしまうことを避けることができます。

身の回りのものを断捨離

生前整理であなたが行っておくべきことに、身の回りのものを断捨離しておくことが大切です。

これは、あなたが生前のうちにとっておきたいもの、不要なものを分けておくと、死後に遺品整理の負担を軽減させることができるからです。

例えば、明らかにゴミとして処分すべきものをいつまでももったいないという思いから取っておいても、何の役にも立ちません。

それならいっそのこと不要なものすべて処分することを検討してみましょう。

このように、あなたの死後に残された家族が遺品整理を行う際に、どれを形見として残しておくかなど、片付けを行うことで困ってしまうことを避ける必要があると言えます。

そのためにも、生前のうちに必要なものと不要なものを分け、断捨離するようにしておくようにしましょう。

 

生前整理しないとどうなるの?

生前整理をしないとどうなってしまうのでしょうか?

ここでは、生前整理の大切な役割についてご紹介します。

遺族の遺品整理が大変になる

生前整理を行わなかった場合、残された遺族が遺品整理を行うなど、大変な作業に見舞われてしまいます。

これは、故人の愛用品や使用していたすべてのもの、また、大型家具や家電など、あらゆるものが遺品として残されているためです。

例えば、あなたが生前のうちに不用品など一式処分をしていれば、遺族がすべての遺品整理を手掛けることを避けることができたと言えるでしょう。

それに伴い、遺族の負担を軽減させることができたはずです。

また、遺品の量が膨大な場合は、遺品整理のために多くの時間と労力、また、遺族が総出で片付けを行わなければならなくなるでしょう。

このように、生前整理を行わなかった場合は、遺族がすべての遺品整理を行わなければならず、想像以上の負担を抱えてしまうことが分かります。

遺族が揉める原因になる

生前整理を行わなかった場合、財産や不動産の相続などにおいて遺族が揉める原因になるでしょう。

これは、あなたが多くの資産や財産、不動産を持っている場合など、特に顕著に現れる相続問題に発展し、大きなドラブルを招いてしまうからです。

例えば、資産や財産については、誰にどの配分で相続させるか、また、不動産を多数所持している場合は、相続人でどの不動産をどのように分配し相続するかの話し合いを行わなければいけません。

このように、生前整理を行わなかった場合は、残された遺族が集まり、相続についての話し合いを行う必要性が出てくると言えます。

あまり深い揉め事となってしまうことを考慮し、第三者の適切な助言のもと生前整理を行っておくようにしましょう。

自分の死後が心配になる

生前整理を行わなかった場合、自分の死後が心配になり、成仏できない可能性があります。

これは、あまりに膨大な遺品を残し、整理せずに自分が亡くなってしまったため、遺族が困惑していることを察知するためです。

例えば、自身の財産や遺産、また、不動産など、しっかりとした遺言状などを作成せぬまま亡くなってしまった場合、遺族の間で相続争いが勃発する可能性が高くなると言えます。

また、遺品の量が膨大な場合は、片付けのために遺族へ多大な負担をかけてしまうことになるでしょう。

このように、生前整理を行わなかった場合、自分の死後が心配になるため、元気なうちから少しずつ生前整理に着手しておくことが望ましいと言えますね。

 

生前整理と遺品整理の違い

ここでは、生前整理と遺品整理の違いについてご紹介します。

生前整理はいつでOK、遺品整理は四十九日を過ぎてから

生前整理と遺品整理の違いは、生前整理は生きている間にいつ行っても良いとされています。

一方で遺品整理は一般的に四十九日を過ぎてからだと言われています。これは、生前整理には期限が設けられておらず、遺品整理は故人の魂が四十九日を過ぎると今生から離れ天国へ旅立つと考えられているからです。

例えば、遺品整理に特別なルールが定められている訳ではありませんが、もしも四十九日を待たずして遺品整理を行わなければならない場合は、状況に応じて行っても問題ありません。

また、生前整理は、自分が亡くなった後に、遺族が整理する負担を軽くするために行う方が増えています。

このように、生前整理と遺品整理を上手に使い分けて片付けを行うようにしましょう。

生前整理は本人に確認できる、遺品整理はもう本人に確認できない

生前整理と遺品整理の違いは、生前整理は本人に確認しながら遺品となる品の片付けを行うことができます。

しかし遺品整理はもう本人は亡くなってしまっているため、どれが必要でどれが不要かなどの確認をすることができません。

例えば、生前整理なら、本人の意思を伺いながら必要なもの、不要なものに分けることができるため、スムーズに片付けを行うことができると言えるでしょう。

しかし、遺品整理は本人に必要か否かを聞くこともできず、遺族が試行錯誤を繰り返して片付けを進めていかなければなりません。

それによって必要以上の時間と労力がかかることになります。

このように、生前整理と遺品整理は、本人の意思確認ができるかどうかで大きく変わってくると言えるでしょう。

生前整理の不用品は少なめ、遺品整理の不用品は多め

生前整理と遺品整理の違いは、生前整理は不用品が少なく、遺品整理は不用品が多い傾向にあります。

これは、遺品となる物を生前のうちに少しずつでも処分していたかどうかの違いだと考えられます。

例えば、明らかに処分すべきものを、いつまでも保管しておいても使用する機会のないものは不用品として扱うことが一般的です。

また、生前整理を行っておけば、いざ本人が亡くなった後も遺品整理がスムーズに進むと言えるでしょう。

一方で、生前整理を行わず、遺品整理を行うことになった場合は、不用品で埋め尽くされ、どこから片付けを行うべきか悩んでしまうこともあるでしょう。

このように、処分するものについては、遺品整理よりも生前整理の方が少なく、スムーズな片付けを行うことができると言えますね。

生前整理はストレスが少ない、遺品整理はストレスが多い

生前整理と遺品整理の違いは、生前整理はストレスが少ない、また遺品整理はストレスが多い状況となることです。

これは、生前整理は本人立ち合いのもと分別して処分することができるため、ストレスが少ない環境で片付けを行うことができるためです。

例えば、生前整理を行っておらず、遺品整理を行わなければならない場合は、すでに本人が亡くなっているため、目の前に残された膨大な遺品の量を見るだけで、いったいどれを処分して良いか分別するだけでも時間を要してしまうでしょう。

このように、生前整理は家族にとってストレスが少ない状況で行うことができまずが、遺品整理は何から手をつけて片付けを行わなければならないか分からず、遺族のストレスが多いと言えるでしょう。

生前整理は未来を見る行為、遺品整理は過去を見る行為

生前整理と遺品整理の違いは、生前整理は未来を見るための行為であり、遺品整理は過去を見るための行為となります。

これは、生前整理によって新たな生活がスタートするという考えもあり、未来を生きる意味を持っています。

また、遺品整理は、これまでの人生に終止符を打つことを意味するためです。

例えば、生前整理を行う際、身辺整理を行うことで気持ち新たな思いが生まれ、生き甲斐を見つけることができます。

一方で遺品整理はすべての人生を終えたことを証明する行為だと言えるでしょう。

このように、生前整理と遺品整理とではそれぞれが持つ意味やその行為が相反するものであるということが分かります。

人生を長く楽しむためにも、前者の生前整理を行っておくことをおすすめします。

 

まとめ

今回は生前整理と遺品整理の違いについてご紹介しました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。