「片付けてもすぐに散らかる」「どうやって片付けたらリバウンドしない?」と片付けたいのに片付けられないと悩んでいる方は、一度自分を振り返ることが必要かもしれません。

この記事では、

  • 片付けが苦手な人の特徴
  • 片付けのコツ
  • 片付けた先のメリット

をお伝えしますので、片付けられないを卒業できるよう、最後まで読み進めてみてください!

片付けが苦手な人の特徴…あなたは大丈夫?

片付けが苦手な人には、共通する特徴があります。

  • 使いたいものがすぐに取り出せない
  • 気付いたら同じようなものがある
  • もったいなくて捨てられない
  • 無料・特売・おまけに弱い
  • 買い物が好きで衝動買いをしてしまう
  • 買ったものが袋に入ったままで2、3日放置されている
  • 収納グッズを先に買っている
  • 床にものが置いてある
  • 何事も後回しにしがち
  • 一気にまとめてしようとする

特徴を見ていくと、ものが増える傾向があり、もので溢れているイメージがしませんか?

その時の衝動でもらったり買ったものが増え、自分の持っているものを把握できずに、また増えてしまうループに知らないうちにハマっているのです。

そしてもったいないので捨てられず、どこに何があるのかわからない状態のまま生活しているのではないでしょうか。

片付けられるようになるコツをお伝えいたしますので、是非続きを読んで実践してみてくださいね!

捨てられないからの卒業

片付けが苦手な人は、まずは『捨てられない』からの卒業が最初の一歩です!

片付けの前に自分にとって、必要なもの・必要じゃないもの・大切なもの・大切じゃないものを、確認していきましょう。

持っているものの把握

片付けが苦手な人は、自分の持っているものを把握できていない方が多いです。同じようなものを買ってから気がつきます。

片付けの根本は、自分の把握できるだけのものを持つことです。
把握できない場合は、今持っているものの量が多すぎるということです。

自分で把握仕切れない量のものを持っているから、無駄な買い物をしてしまったり、探し物に時間がかかってしまうのです。

一度自分の持っているものを把握するところから始めてみてください。

おすすめは服・下着・タオル・靴、女性ならアクセサリー・化粧品などすぐに全部が出せるものです。
まずは1箇所からです!

捨てるではなく選ぶ

持っているものを捨てようと思うと、躊躇ってしまいますが

  • 自分にとって大切だと思うもの
  • 必要なもの

を選ぶ感覚を持ってみてください。

ものが溢れている状態では、自分は何を大切に思っているのかわからないと思います。
持っているものの把握ができたら、

  • 大切なのか?
  • 必要なのか?
  • 使っているのか?

を見直して、1年以上使っいない、大切だと思わないものは、手放す選択をしてみましょう。

困ったときの一旦保留

手放すか選んでいくと、どうしても決められないものも出てくると思います。
そんな時は保留ボックスを作って、一定期間保管しておくのも一つです。

1週間から1ヶ月後と保管期間を決めておき、保管期間がすぎてから見返し、改めてどうするか決めましょう。

保管期間は自分の気持ちの整理期間でもあります。悩むには悩む理由があります。
やっぱり置いておきたいと思えば、自分の気持ちを大切にとっておいても良いのです。

買う前に考える大切なこと

持っているものを見直すと、もので溢れていることに気が付くはずです。
その時に考えて欲しいのが、購入前に本当に必要なものか考えることです。

  • 無料だからもらう
  • 特売でお得だから買う
  • おまけがついてるから買う

これは本当に欲しいと思っていう状態ではありませんよね。
自分ではお得だと思っているから購入していますが、自分の持っているものを把握すると、実は違うかったと気づくでしょう。

購入前には

  • 買ったらどう使う?
  • どこに片付ける?
  • 買うことで自分は満たされる?

と自分に聞いてみてください。

片付けが苦手な人もできる!片付けのコツ

片付けが苦手な人も、片付けのコツさえ知っていれば片付けられますので、是非やってみましょう。

順番に沿って行う

片付けが苦手な人も順番通りにすることで、失敗なく片付けをすることができます。
片付けの手順を1から見ていきましょう。

①片付けるものを全て出す

まず最初にすることは、片付ける場所のものを全て出すことです。

全て出すことで、持っているものの把握ができます。
同じものはないか?使っていないものがないかがひと目でわかりますので、全て出してしまいましょう。

全て出すのは片付ける場所のものだけです。
まずは一カ所、キッチン・洗面所などは範囲もわかりやすいので、最初に取り掛かるのにおすすめな場所です。

②いるものといらないものを分けてグループに分ける

次にいるものといらないものを分け、使う用途に合わせてグループに分けていきます。

使っているものはすぐに仕分けができると思うのですが、いらないものを捨てることがなかなかできない方が大半です。

いるかな?また使うかな?と思ってこれまで置いていたので、これまでと同じように迷うと思いますが、1年以上使っていないものは、きっと使うことはないです。

思い切って手放す選択をしてみてください。なくても困らないですよ。
もしまた必要だと感じた時は、その時に買いなおしましょう。

行動を起こさないとこれまでと変わることができませんので、勇気を出してみてくださいね^^

いるもののグループ分けは、使う用途にグループ分けするのが、使いやすさに繋がってきます!

【キッチンの例】

お鍋・スライパン・ザル・バットなど、大きなものたちは同じ場所に片付けたくなりますが、

  • お鍋やフライパンは使う場所がコンロ
  • ザルやバットは使う場所がシンクやシンク横

と使う場所が違いますよね。お鍋やフライパンはコンロ下へ、ザルやバットはシンク下へ収納するのが良いなとなってくるわけです。

【洋服の例】

  • アウターは玄関
  • 下着は洗面所
  • 洋服はクローゼット

のように、使う用途を考えると、どこに片付けると良いのかが見えてきます。
家族構成や子供の成長に合わせて、変えていくことも必要になるかもしれませんね。

一見手間に感じるかもしれませんが、やってみると毎日が快適になるので、ぜひやってみてくださいね!

③収納スペースに収める

グループ分けすると、あとは片付ける場所に戻していきましょう。

いるもといらないものをしっかり分けられている方は、ものが減っているはずです。
もしここで思っているより減っていない場合は、もう一度本当に手放せないものはないか見直してください。

片付けるものは使う頻度が高いものから、出しやすい場所に片付けます。
季節もの来客用など、年に数回しか使わないものの収納場所を作っておくのも良いですね。

収納スペースは8割目安

収納スペースにピッタリ収めると気持ちが良いですが、少しの余裕を持たせることで、取り出しやすく使いやすい収納スペースになります。

片付けた時に収納スペースの8割よりものが多い場合は、今一度見直してみてください。
また本当に片付ける場所があっているのかも確認してみましょう。

ものに対して収納スペースを増やすのではなく、収納スペースに合わせて持つ量をコントロールし、把握することで、すっきりしたお部屋を保つことができます!

小さな場所から始める

片付けが苦手な人こそ、小さな1カ所から始めましょう。

キッチンや洗面所からすることがおすすめとお伝えしましたが、キッチンの中でも

  • 食器だけ
  • 調理器具だけ
  • 食品のストックだけ

のように、小さく分けてみましょう。
一カ所できると気持ちがよく、次へのモチベーションも上がります。

またコツも掴むことができますので、徐々にスピードもアップしていきますよ!
スモールステップで始めていきましょう。

家族みんなが取り出しやすく片付けやすい

片付けのポイントは、一緒に暮らす人のことを考えるです。

自分だけ頑張っても片付いた家は達成できません。家族の協力のもと片付いたお家になりますので、家族みんなが使いやすいように片付けていきましょう。

子供がいるご家庭は子供目線で出しやすい位置に置いてあげることで、取ってと言われることもなくなり、自分で戻すこともできるようになります。

ラベルを貼ることで、家族みんなが戻す場所がわかるようになります。
定位置を決めて、元に戻すことを徹底しましょう。

書類・思い出・こだわり部分は最後に

最も時間がかかるのものが、書類・思い出のもの・こだわりのあるものです。

はじめに仕分けしやすい場所から初めて、コツを掴んでから取り掛かるようにするのがおすすめです。

逆に最初にしてしまうと、なかなか進まず時間がかかるので挫折もしやすくなってしまいます。
だから時間のかかる、書類・思い出のもの・こだわりあるものは最後に仕分けをするようにしましょう。

収納グッズは最初に買わない

収納グッズは、収納するものに合わせて買いましょう!
今は100均一・300均一・インテリアショップなど色々なところで可愛い収納グッズを、揃えることができますよね。

どれも便利そうに見えるのですが、収納グッズは収納するものが決まってから、今あるものを活用してもたりない場合に買うことで十分です。

収納グッズを先に購入してしまうと、結局合わずに収納グッズを使わず、逆にものが増えてしまう結果になってしまいます。

片付けた先のメリット

イライラがなくなる

人は視覚からの情報が90%と言われており、散らかった部屋を見ることで脳が疲れ、無意識のうちにストレスに感じています。

部屋が片付くことで、余計な情報が入ってくなくなります。
気持ちに余裕かでき、イライラすることがなくなります。

また部屋が散らかっていることで、探し物に時間がかかったり、見つからないことでイライラすることもありますよね。

すぐに見つかり、使えると時間も有効に使えますし、気持ちに余裕ができるので、イライラすることがグッと減りますよ。

参考:情報のメカニズム

心の豊さを実感する

片付けたあとは、自分にとって大切なものや必要なものがわかっている状態です。
日々の生活の中で大切なものに囲まれることは、何よりも心の豊さに繋がります。

外で疲れて帰ってきた時にも、片付いたお部屋で大切なものに囲まれていると、リラックスすることができますね。

大切なものに囲まれる幸せを実感して欲しいです。

お金が溜まることを実感する

片付くことでものの把握ができ、無駄なものを買わなくなります。

そして使っているものを大切にするようになるので、これまで浪費していたことがなくなり、お金もたまりやす体質に変化していきます。

片付けをすることで得られるメリットは、思っているよりも大きいのです!

自分でできない場合はプロにお願いする方法も

一度自分でやってみて、それでもどうしても進まない場合やリバウンドが続く場合は、プロにお願いすることも視野に入れてみてください。

お片付けにも色んなプロが存在しています。

  • 整理収納アドバイザー
  • 不用品回収業者
  • 片付け業者

それぞれの特徴をみてみましょう。

整理収納アドバイザー

整理収納アドバイザーさんは、主に整理収納のアドバイスを行ってくれます。
整理の仕方やコツ、おすすめの収納グッズを使って、収納をしやすくするためのアドバイスをしてくれます。

整理収納のプロで1時間5000円前後で依頼できます。
カウンセリングのみや、お片付け込みで料金も変わってきます。

個人で活動されている方はインスタグラムから申し込みことができたり、資格をとることができるハウスキーピング協会から探すことも可能です。

整理収納アドバイザーさんによって価値観も違うので、発信されている内容をみて依頼しましょう。

不用品回収業者

不用品回収業者は、処分するのに大変なものを回収・処分してくれます。

片付けをしていると大きなものや重量のあるものは、また今度しようと後回しにしがちですが、自分で運ぶのが難しいものは、不用品回収業者に依頼することで解決します。

不用品回収業者にかかる費用は、回収してもらうものによって大きく変わります。

なかには綺麗だと買い取ってくれる業者もありますので、処分する前に確認してみましょう。

片付け業者

片付け業者は、片付け・掃除・不用品の回収、全てを行ってくれます。

自分ではどうすることもできない時や、時間がない時(急いで引越しをしないといけないなど)に、依頼すると良いでしょう。

かかる費用は、片付けと不用品回収両方の金額がかかります。
業者によって金額も大きく変わりますので、相場を確認して申し込むようにしましょう。

まとめ

片付けができないと思っていても、ちょっとした片付けのコツを参考に進めて行くことで、誰にでも片付けることができます。

まずは手順を守り、小さなステップを踏むことで、成功体験を積み重ねましょう!
片付けた後のメリットを実感できると、片付けが楽しくなってきますよ。

どうしても難しい場合は、プロへ依頼もできると思うことで気持ちも楽になります。
無理をせず、ご自身のペースで快適な生活にしていきましょう。