遺品整理の方法、知っていますか?

遺品整理はただ遺品を処分するのではなく、思い出の品を残しながら整理する大切なイベントです。

そこで今回は、遺品整理の方法やコツをまとめてみました。

遺品整理をする時に慌てなくて済むよう、ぜひ最後までご覧下さい。

 

遺品整理ってなに?

そもそも遺品整理とは何なのでしょうか?

ここでは、遺品整理ってなに?というテーマで解説していきます。

遺品整理とは故人の遺品を整理する行為

遺品整理という言葉は、今やよく耳にする言葉です。

遺品整理とは、個人の遺品を整理するための行為を指します。

また、残された家族が故人の物を片付ける際、自力で行うことが困難を来す際に遺品整理業者を依頼し、片付けを行います。

例えば、形見として残しておくもの、不用品として廃棄するものなどに分類してもらえるなど、片付けをスムーズかつ円滑に進めるために遺品整理業者へ依頼するケースが多くなっています。

あるいは、家族が遺品整理を仕分けることもあるでしょう。

このように、遺品整理によって故人の遺品を整理し、大切なものと不要なものを仕分ける作業を提供してもらえるサービスを受けることで効率的に遺品整理を行うことができると言えるでしょう。

遺品整理は処分するものと思い出の品を分ける行為

遺品整理は、すべてのものを処分するわけではありません。

遺族が思い出として残しておきたいもの、一方で不用品として処分し廃棄するものに分ける行為を指します。

例えば、貴重品や骨董品など、処分するのではなく買取査定を行ってもらう、あるいは思い出の品はひとつのダンボールの中に詰めておくなどの作業を行ってくれます。

遺品整理は故人が住んでいた家の広さによって、遺品整理料金も異なるため、買取可能なものを売却し、作業費用に充当させることもできます。

このように、遺品整理は処分するものと思い出の品を分け、必要なものと不要なものを仕分けておくと片付けをスムーズに行うことができますね。

特に捨てられて困るものは事前に遺品整理業者と打ちあわせなどを行い、作業の際の注意点などを確認されることをおすすめします。

遺品整理とは処分するものとリサイクルするものを分ける行為

遺品整理とは、不要なものを処分する、あるいは買取対象となり得るものはリサイクルするなど、仕分ける行為でもあります。

故人の所有物の内、買取対象となる品については買取査定を依頼し、それらの費用を遺品整理料金に充当させることで、残された家族の負担を軽減させることができます。

遺品整理業者が買取を行う場合は、古物商許可を受けることが必須となり、許可証を受けている遺品整理業者は、安心して依頼することができると言えるでしょう。

これから遺品整理を依頼することを検討されている方は、買取を行うことができる古物商許可を持った業者であるかを確認し、依頼するようにしましょう。

 

遺品整理のために準備するもの

ここでは、遺品整理のために準備するものについて解説していきます。

ダンボール、ゴミ袋

遺品整理のために準備するものにはいったいどのようなものがあるかご存知ですか?

遺品整理を行う際は、ダンボールやゴミ袋を準備しましょう。

これは、残しておく遺品をダンボールに詰めて保管する、あるいは不要なものはゴミとしてゴミ袋に入れて処分するためです。

例えば、遺品として残すものと、ゴミとして処分するものに分けた場合、遺品を整理するためには型崩れを起こさないダンボールを準備しておくととても便利です。

一方で、遺品が膨大な量の場合は分別することでゴミとして処分するものをゴミ袋に入れて処分することになります。

このように、遺品整理を行う際は、ダンボールやゴミ袋を事前に準備しておくと片付けがスムーズに進むと言えるでしょう。

作業服、作業用手袋、マスク

遺品整理を行うためには、作業服や作業用手袋、マスクなどが必須です。

これは、作業を円滑に、そして効率良く行うためです。例えば、遺品整理を行う部屋や場所は生前から故人が頻繁に使用していなければ、長年のチリやホコリが溜まっているでしょう。

そのため、作業しやすい服装で行うこと、また、作業中に誤ってケガをしてしまわないよう、作業用手袋を、またマスクを装着した上で作業を行うことをおすすめします。

遺品整理で出てくる遺品は、すべての遺品となるものが故人の生前の際に使用されていたものばかりであるとは限りません。

長年眠っているものももちろんあるのです。

また、作業の際にケガを防ぐためにも、作業服や作業用手袋、そしてマスクを準備しておくことが望ましいと言えるでしょう。

ペンチ、ドライバーなどの工具

遺品整理を行う際は、ペンチやドライバーなどの工具を準備しておきましょう。

これは、大型の家具などが部屋の中に残った状態であれば、それらを解体して処分する必要がある時に使用することができるからです。

例えば、遺品として残しておきたい家具だけではなく、工具があれば、ものを切ったり細かく砕いたりすることで不用品を処分しやすい形に変えることができます。

また、形見として残しておきたい家具などがあれば、搬出の際に解体する必要が出てくるでしょう。

このように、遺品整理を行う際は、ペンチやドライバーなどの工具は家具などを解体する際に使用するため、事前に準備しておくととても便利ですよ。

荷物を運搬するための車

遺品整理を行う際は、荷物を運搬するための車を準備しておかなければなりません。

これは、すべての遺品が形見として残しておくものばかりではありません。

なぜなら、リサイクル可能なものはリサイクルショップへ、また、ゴミとして処分する際はゴミ処理場へと荷物を運ぶ際に、運搬するための車が必要になるからです。

例えば、大型の荷物を運び出そうと思った場合は、それが積めるくらいのトラックの大きさが必要になることもあるでしょう。

また、故人が居住していた家の広さが広ければ広いほど、遺品としてとっておくものも多い反面、処分するものが大量に見つかることもあります。

このように荷物をお運搬するための車は相応のトラックが必要になるでしょう。

また、大量のゴミを処分するためにもトラックが必要となるケースが多いと言えます。

 

遺品整理を行うための方法

ここでは、遺品整理を行う方法についてみていきましょう。

まずは近所に一言声がけしておくとベター

遺品整理を行うための方法のひとつに、片付けを行う前に近隣住民に対してひと言声がけをしておくとベタ―です。

これは、片付けの際、大型家具などを搬出する場合、あるいは解体作業が必要な場合は、大きな騒音を伴うことがあるためです。

例えば、遺品整理で使用する家具を解体し、搬出させる場合は、解体時に工具を使用する音が響き渡るでしょう。

当然、その音をうるさいなどと感じる方もいます。

また、搬出の際のトラックを自宅前や近隣住民宅前に駐車しなければならないなど、交通上の問題も生じてしまいます。

このように、遺品整理を行う際は、まずは近所の住民に対し、一言声がけをしておくと、遺品整理片付け作業をスムーズに進めることができると言えるでしょう。

処分品・思い出の品・リサイクル品を仕分けをする

遺品整理を行うためには効果的な方法があります。

それは、処分品と思い出の品、またリサイクル品の仕分けを行うことです。

これは、遺品のすべてが処分品ということではなく、中には思い出がたくさん詰まった品や、リサイクル可能な品もあるためです。

例えば、故人との大切な思い出の品は処分品やリサイクル品ではありません。

また、誰かが再利用してもらえるなら、リサイクルとしてリサイクルショップなどに提供し、買取してもらっても良いでしょう。

あるいはゴミとして処分するものもあります。

このように、遺品整理を行うためには処分品・思い出の品・リサイクル品を仕分けしておくと、より片付けをスムーズに行うことができると言えるでしょう。

処分するものをゴミ処理場に持って行く

遺品整理を行うための効果的な方法は、自身で可能な範囲の片付けを行い、処分するものをゴミ処理場に持って行くと良いでしょう。

これは、遺品整理を専門業者へ依頼する場合でも、故人が生活していた家の中にどれほどの遺品の量があるかによって遺品整理作業料金が異なるからです。

例えば、残された家族のうちの誰かが処分品や思い出の品、リサイクル品などの仕分けを先に行っておけば、その分作業費用を削減することができます。

そのため、そこまでの重量でもなく、自力で処分できる品があれば、少しでもスムーズな遺品整理ができるよう、先にゴミ処理場へ持参し、不用品を処分しておくと良いでしょう。

そうすることで少しでも遺品整理費用を安く抑えることができると言えるでしょう。

思い出の品をダンボールに詰める

遺品整理を行うための効果的な方法のひとつに、思い出の品をダンボールに詰めておくことが挙げられます。

これは、家の中にある遺品を捨てるもの、残すものに分かるよう分けておくためです。

例えば、明らかにゴミとして処分するのであれば、ゴミ袋の中に入れたものを捨てるということが分かります。

しかし、思い出の品を残すとなれば、ひと塊にかためていても、それを誤って処分してしまうこともあるかもしれません。

そのようなことを避けるためにも、思い出の品はダンボールなどに詰め、片付けておくようにしましょう。

このように、遺品整理を行うためには、まず、遺品として残しておきたい思い出の品は、ダンボールに詰めて保管しておくと良いでしょう。

リサイクル品をお店に持って行く

遺品整理を効果的に行うためには、リサイクル品をお店に持って行くようにしましょう。

これは、リサイクルして資源として使えるものが遺品の中にたくさん含まれていることがあるためです。

例えば、遺品の中には価値ある品が眠っていることもあります。

また、遺品の種類によっては、リサイクル業者や遺品整理業者に高価買取してもらえる可能性もあります。

少しでも買取対象となる遺品があれば、その分だけ遺品整理処理費用を抑えることができるかもしれません。

さらに、無料引き取りしてもらえるなど、依頼者側の経済的な負担が軽減されると言えるでしょう。

このように、遺品整理を効果的に行うためには、リサイクル品をお店に持って行くようにしてくださいね。

最後に掃除をする

遺品整理を効果的に行うためには、最後に清掃をしてもらえる整理業者に依頼しましょう。

これは、依頼者側の負担を軽減させることを目的としているためです。

例えば、遺品整理業者に遺品整理や処分を依頼しても、清掃業者だけ別会社に依頼しなければならなかった場合、依頼者にとって手間も時間もかかってしまいます。

また、別会社に依頼することで、その分、清掃費用が嵩んでしまうこともあるでしょう。

このように、遺品整理を効果的に行うためには、最後に清掃まで請け負ってもらえる遺品整理業者であるかを確認し、作業の依頼を行う方が良いですね。

そうすることで依頼者の負担を大幅に軽減させることができると言えるでしょう。

まとめ

今回は遺品整理の方法についてご紹介しました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。